レーシック おすすめ

レーシックおすすめ厳選!失敗しないクリニック選び

ホーム » レーシックQ&A » レーシック手術に関する質疑応答!

レーシック手術に関する質疑応答!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

Q1:レーシック手術が原因で、失明をする恐れはありますか?

 

A1:これまでのところ、世界的に見ても、レーシック手術が原因で失明したという事例は報告されていません。レーシックは、目の角膜にしか触れません。

 

角膜は目の失明に関係する器官ではありませんし、レーシック手術中にそれ以外の目の器官に手を加えることをしないため、手術が失敗して失明をするということは通常考えられません。

 


 

Q2:手術中にどのくらい痛みがありますか。

 

A2:レーシックの手術においては点眼薬で麻酔をするため、手術中は風が眼球に軽く吹き付けるような感触があるだけで痛みというものは感じないそうです。

 

しかし、手術後には麻酔が切れて眼球表面に違和感を感じることはあるでしょう。その際には処方された痛み止めを飲むなどしてください。

 

またレーシックの種類に関して言えば、角膜上皮のみでフラップを作る「エピレーシック」では、他のレーシックに比べると術後に痛みがハッキリしているようです。

 


 

Q3:手術後どのくらいの時間が経つと良く見えるようになるのですか。

 

A3:これには個人差がありますので、一概にはいえません。手術当日はさすがにしぱしぱして霞みがちといいます。しかし翌日からさっそく手術の効果を感じる人が多いようです。

 

朝起きて真っ先に眼鏡やコンタクトをつけることが日課だった人が、手術翌日から、それらをつけなくても、つけたのと同等かそれ以上の視力を実感するということです。

 


 

ところで、こういった不安や疑問に対してクリニックでもしっかり答えてくれますし、答えてくれないクリニックは逆に信用がおけません。
手術を受ける前に、医師と自分がよく話し合った結果として適切な手術プランを組めるように、気になることは積極的に聞いてみましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー