レーシック おすすめ

レーシックおすすめ厳選!失敗しないクリニック選び

ホーム » レーシックQ&A » 

実際のところレーシックって失敗する事もあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

■レーシックで失明するリスクはない!?

何をもって失敗と判断するのか、ということにもなりますが、レーシックの手術において失敗の例として皆さんが考えることとして最も深刻な事例は失明ではないでしょうか。

 

目の外科手術ですから、レーシックで視力を回復しようと思ったのに誤って失明してしまった! というような結果になってしまっては本末転倒と呼ぶのもしのびないほどですよね。

 

しかし、レーシック手術が安全な視力回復手術だといわれている理由の一つに、この手術が原因で失明したという症例が一つもないということが挙げられるのです。

 

というのも、それはたまたまではなく、レーシック手術が目の角膜にしか手を加えない手術であることから、元々それが失明のリスクと無関係であるためです。

 

角膜を削り損ねたところで、失明をするということはありません。失明に関わってくる網膜のような、目の最も奥に位置する器官には、レーシックで使用するレーザー等は届きもしないのです。

 

ですから、失敗の事例ということになってくると、失明ということはまず考えられず、角膜の削り方のミスによる見え方の不調などがメインになってきます。

 

■レーシックは魅力的な手術です

まず、近視が思うほど矯正されなかった、矯正不足のパターンでは、術後の検査でまた角膜の厚さなどを確認し、そこに十分な削る余地がまだあるのであれば再手術で、更に矯正をかけるという方法でより希望の視力に近づくことができます。

 

また、視力そのものに不満はなくとも、暗いところへ行くと極端に視力が下がって感じたり、明るいものが極端に眩しく見えたりする「ハロ・グレア現象」というのも合併症の一つですが、これも永続的な後遺症ではないため失敗とはいえません。

 

この症状が発生したとしても一時的なものですので、視力の安定と共に治ります。

 

■考えなければならないリスクとは?

よって、最も深刻なパターンは「過矯正」ということになります。これは、矯正不足だったときのように再手術をして視力を下げて補完するというような手法はとれません。

 

つまり、遠視になってしまった状態です。こればかりは一番取り返しのつかない失敗と言えるかも知れません。これを極力避けるために、元々の視力と希望する視力との差をよく考え、医師とも相談してください。

 

もしかしたら、希望矯正視力を2.0にすることよりも、1.5程度に抑えることで過矯正のリスクを減らし、且つ快適な生活を送れる可能性があります。

 

視力は、0.8より1.5、1.5より2.0と、その数値が高ければ高いほど、それで良いというものではありません。

 

ましてや、元々の視力が0.1未満であったりする強度の近視の場合には、手術後に体がビックリしてしまったり、よく見えすぎて脳が疲れる原因になってしまったりもします。

 

もし矯正不足だったとしても、アフターサポートとして無料で再手術を受けられるというサービスは少なくありませんから、過矯正にならないような手術計画を練ってください。

 

レーシック手術に関する質疑応答!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

Q1:レーシック手術が原因で、失明をする恐れはありますか?

 

A1:これまでのところ、世界的に見ても、レーシック手術が原因で失明したという事例は報告されていません。レーシックは、目の角膜にしか触れません。

 

角膜は目の失明に関係する器官ではありませんし、レーシック手術中にそれ以外の目の器官に手を加えることをしないため、手術が失敗して失明をするということは通常考えられません。

 


 

Q2:手術中にどのくらい痛みがありますか。

 

A2:レーシックの手術においては点眼薬で麻酔をするため、手術中は風が眼球に軽く吹き付けるような感触があるだけで痛みというものは感じないそうです。

 

しかし、手術後には麻酔が切れて眼球表面に違和感を感じることはあるでしょう。その際には処方された痛み止めを飲むなどしてください。

 

またレーシックの種類に関して言えば、角膜上皮のみでフラップを作る「エピレーシック」では、他のレーシックに比べると術後に痛みがハッキリしているようです。

 


 

Q3:手術後どのくらいの時間が経つと良く見えるようになるのですか。

 

A3:これには個人差がありますので、一概にはいえません。手術当日はさすがにしぱしぱして霞みがちといいます。しかし翌日からさっそく手術の効果を感じる人が多いようです。

 

朝起きて真っ先に眼鏡やコンタクトをつけることが日課だった人が、手術翌日から、それらをつけなくても、つけたのと同等かそれ以上の視力を実感するということです。

 


 

ところで、こういった不安や疑問に対してクリニックでもしっかり答えてくれますし、答えてくれないクリニックは逆に信用がおけません。
手術を受ける前に、医師と自分がよく話し合った結果として適切な手術プランを組めるように、気になることは積極的に聞いてみましょう。

 

レーシック後はどのような視界になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

レーシックによって視力を取り戻せることは、近眼で悩んできた人にとってすごく魅力的なものです。コンタクトレンズや眼鏡でよく見えるようになっても、コンタクトレンズはレンズの手入れや汚れがついたりと手間がかかり、眼鏡は裸眼に近い見え方に近づかせるには限度があります。

 

私は神戸神奈川アイクリニックの口コミを調べて今すごくレーシックに興味を持っていますが、レーシックは100パーセント安全なわけではないし、手術後の視界がどんな感じなのかすごく気になるものですよね。

 

「レーシック後すぐに完全に見えるわけではありません」

レーシック自体は30分もかからないぐらいで終わる簡単なものですが、手術後に急に目を開いてすぐに歩くのは危険です。30から40分ぐらいはしっかりと目を休めてから医師の診察を受けましょう。

 

それからしばらくは視力が不安定だったり、見え方がぼやけたりすることもあるため不安になると思いますが、徐々によくみえるようになってくるので安心して下さい。

 

「レーシック後におこる現象」

レーシック後に暗い所に行った時に光が眩しく感じることがあり、これをグレア現象といいます。また、逆に暗い所でモヤがかかったように光がぼやけてみえることをハロー現象といいます。

 

このような現象がおこると驚くことがありますが、これが原因でそのまま普段の視界が悪くなったり、明るい場所でも不愉快な見え方が続くと言うことはありません。また、ドライアイの状態になることもありますが、これらすべてにおいて、個人差があることを理解しておきましょう。

 

レーシック手術をした後の視界は個人差があるにしろ不安定な状態になりますが、それがずっと続くわけではありません。だんだんと視界が安定してくると、コンタクトレンズで視力アップさせていた時よりもはっきりとみえるようになってきます。

 

眼鏡は、くもったり汚れることで視界が悪くなることが多いので、眼鏡に比べるとレーシックでの視界のよさは抜群に良いでしょう。

 

最近の投稿
カテゴリー