レーシック おすすめ

レーシックおすすめ厳選!失敗しないクリニック選び

ホーム » レーシックおすすめクリニックの選び方

レーシックおすすめクリニックの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック眼科を選ぶのは、もちろん評判を調べることも大切ですが、自分がどういった方法を求めているかで分かれます。このサイトではレーシックおすすめクリニックの紹介と、選ぶポイントをしていきますね。まずはクリニック選びのポイントから・・・。

 

「最高の医師」

綿糸眼科は、日本で初めてレーシック手術をした病院で、レーシックのパイオニアといわれる評判のいい矢作徹医学博士が院長という病院でもあります。

 
その先生の元で再度の教育や訓練を受けたり、また機器の専門技師の資格をもった先生方が揃っています。

レーシックの医師

 

「最高の機器」

こればかりは、どこの病院も最高峰と謳っていますし、実際に悪い噂がない場合は最高の機器が揃えられていると思います。ただ厚生労働省の認可がある最新機器を随時導入しているのが、SBC新宿近視クリニックのレーシックです。

 

またアマリスZレーシックという、七次元の世界をみる機器があるのは品川近視クリニックです。アマリスZレーシックはただのレーシックではないので、まさしく最高級のレーシックと言えるでしょう。

 

「低価格」

低価格のレーシックでは、やはり品川近視クリニックかSBC新宿近視クリニックのレーシックでしょう。広告費を削って低価格にしたそうです。HPと口コミと紹介、それを裏付ける機器やサービスには感嘆いたします。

 

「アフターケア」

レーシック眼科医神戸神奈川アイクリニックのレーシックは生涯保障です。その分最初のお値段が少々かかりますが、「生涯」は大きいです。だいたいどこの病院も数年、長くて十年なのですから破格といえるのではないでしょうか。

 

「コミニュケーション」

東京近視クリニックは、少数精鋭の謳い文句のとおりに対応してくださるそうです。

 

「選ぶのは自分」

ここに挙げたのはほんの一例です。実際の病院とは違うと感じる方もいらっしゃるでしょう。ですので最終的には是非、ご自分でお確かめになって決めてください。

 
 

レーシックをおすすめする理由

レーシック以外にも視力(近視)の矯正方法はあります。
眼鏡やコンタクトレンズも、「矯正手段」の一つですし、現在レーシック手術を主に行っている視力矯正専門の眼科は、レーシックという技術が生まれる前から視力矯正については眼鏡やコンタクトレンズ以外の視力矯正について研究を重ねてきました。

めがね女性
 

ただし、今レーシックが注目されている程には、当時の視力矯正術は脚光を浴びることがなく、知る人ぞ知るものだったような印象というのはあります。
 

コンタクトレンズすらも、なかなか使うに踏み切れないという人がいた時代ですから、大抵の人は眼鏡を作ることを選択し、わざわざ遠くの視力矯正眼科に通うという人はあまりいませんでした。
 

それが今ではレーシック手術のために、片道数時間の道のりをわざわざ通う人もいる時代ですね。コンタクトレンズも、以前に比べてかなり普及しましたが、今はレーシックがそのあとを追っているという状況です。
 

レーシックはコンタクトや眼鏡よりも優れている?

眼鏡やコンタクトレンズは、手術ではありませんから不便は感じる局面もあるかもしれませんが、みなさん安心感を買っているという感覚でレーシックではなく眼鏡・コンタクトレンズを選択しているのではないでしょうか。
 

もし金額面だけを考えた場合には、すでに、一生分の眼鏡やコンタクトレンズの費用よりも、1度のレーシック手術の方が安いかもしれない時代が来ています。
 

それでもレーシックを選択したくないという方の意見としては、やはり眼鏡やコンタクトレンズの方が安心と思うから、というのが大きいと思います。
 

眼鏡やコンタクトレンズと比べたときにレーシックにあるメリットは、眼鏡やコンタクトレンズを必要としない生活を始められることが第一にあげられます。
 

レーシックは老眼も解決できる!

また40代くらいから老眼に悩む人は増えてきます。老眼はある意味で避けて通れないことで「もう歳なので仕方ないですね」とあきらめられていました。

ですが老眼レーシックを受ければ、近くも遠くも快適に見えるようにすることは可能です。老眼鏡が必要ない生活は素晴らしいものです。今は老眼は諦めるのではなく、治せる時代になりました。

加齢により水晶体のピント調整力が低下してきて老眼になるのですが、遠くにも近くにもピントが合うレンズを入れる方法や、片眼を遠くにピントを合わせ、もう片眼を近くにピントを合わせる方法もあります。(引用元:レーシック老眼治療ナビ 【※後悔しない老眼治療】

レーシックでは運動の際のストレスもなくなる

レーシック眼科医それから、眼鏡ですと運動に不便が生じたりもします。(レーシックでも運動は避けなければいけない期間がありますが)
コンタクトレンズは、眼球に常に負担をかけることは確かなので、眼鏡よりも眼病を引き起こすリスクを負っていますし、レンズのケアにも毎日のように一定の時間やコストが発生しますね。
 

またレーシック手術は失明のリスクはほぼないと言っていいので、もちろん手術前によく検討する必要はありますが、自分に適しているようであればその手術自体によって突如視力を失うというような心配は無用です。
 

視力に問題がなければ普段は裸眼で生活し、おしゃれのために眼鏡をかけるということはあるかもしれませんし、カラーコンタクトというものもファッションのためにあるようなものですね。
 

これが視力矯正用アイテムとしておしゃれと無関係に毎日の日常生活で着用しなくては支障が出るというのと、おしゃれをしたいときだけつければいいというのでは気分もだいぶ違います。
 

視力に不満のない生活というのは、すでに眼鏡やコンタクトレンズをつける習慣のある人でもできれば手に入れたいものだと思います。
視力回復技術の中で今もっとも安全で安価で、裸眼のまま過ごせるのがレーシックなのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー